スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震を見張る龍


125370686509116413486_100650555.jpg

このなんとも不思議な形をした物体は壺や瓶ではなく、
「地動儀」という昔の『地震警報機』なのだ。

西暦132年に中国の科学者、張衡が発明した物。

これは地震を測定する現代の地震計の祖先ともいえる。

地震の衝撃が加わると、この約2.4mの高さの容器の中に収めた
振り子が、大地の振動の方向に揺れ、8本ある水平にのびたアームの内
の1本を傾かせる仕掛けがしてあり、それにより外側の8体いる
龍の内1体が口を開ける。
そうすると龍が加えていた球が落ちて、下に置かれたカエルの口に玉が
入るといった仕掛けだ。

龍とカエルは方位磁石のように等間隔に配置されているので
どの玉が落ちたかによって地震の方角が解る。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

nob

Author:nob
世界中の好奇心をかき立てるお話。

奇人変人、詐欺師に贋作者。人間話

嘘か真か、怪獣、歴史の謎。奇妙話

奇習と迷信、常識のうそ。 雑学話

奇天烈発明大冒険。勇気と知恵の話

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめBOOK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。