スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大胆不敵な初老の男

kopenick


ベルリンの通りで、一人のプロシア軍将校が1小隊のところへ
つかつかと歩みよるなり、尊大な口調で次々に命令を発し始めた。
将校の命令とあって、下士官も疑問は差し挟まず、言われるままに命令を聞きき、
彼は、郊外のケーペニック市行きのバスを止め、兵士達を中に押し込んだ。

続いて将校は、ケーペニック市役所へ兵士達を引き連れ、
市長室に乗り込み、声を高らかに宣言した。
「お前を逮捕する!」
将校の威圧的な態度に気をのまれた市長はやっとの思いで訪ねた。
「逮捕状はお持ちでしょうか」
それを聞いた将校は
「逮捕状は、ここに控える兵士達である!」

将校はそれから、市役所の会計係に命じて金庫にあった現金すべて
4000マルクを引き渡すように命じ、「公式」の領収書を発行した。

市長とその妻(市長代理)が市役所の外に出され、
兵の監視下に置かれる。将校は兵士達に30分だけ
持ち場を守るようにいいつけ、金を持って立ち去った。



この将校、実はヴィルヘルム・フォークトという
前科者の靴直し職人だった。

フォークトはプロシア将校の口調と物腰を軍靴修繕の
徒弟をしていた時に覚え、軍服を用意し、
制服の権威に弱い人の心理をたくみに利用したのだった。

それから10日後警察がフォークトの屋根裏部屋に踏み込まれ、
逮捕。4年間の入獄が決まった。

しかし、彼の大胆な手口は大衆の間で広く人気と共感を博し、
当時のドイツ皇帝ウィルヘルム二世が気に入り、彼を赦免した。

その後彼は出所後、自分の事件を本にして出版し、自ら舞台で演じたり、
将校姿の自分の絵をサインつきで売った。
また、ベルリンに住むある大金持ちの未亡人が彼の大胆さに
感心して終身年金を提供したという。

images.jpeg





スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nob

Author:nob
世界中の好奇心をかき立てるお話。

奇人変人、詐欺師に贋作者。人間話

嘘か真か、怪獣、歴史の謎。奇妙話

奇習と迷信、常識のうそ。 雑学話

奇天烈発明大冒険。勇気と知恵の話

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめBOOK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。