スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

-
スポンサーサイト

「石マニア」はいつの時代にも

奇石マニア 木内石亭

70年・・・石を愛し、変わった石を求め、全国を歩き回る

木内


木内石亭は1724年(享保9)に琵琶湖の西側にある小さな村(現・滋賀県大津市下阪本)で生まれ育ちました。

石亭の出身地である近江南部は名石や奇石の産地として有名で、
珍しい石を自慢しあう「弄石(ろうせき)」という趣味も流行するほどでしたので、
石亭は自然に石に興味を持つようになります。

以来、85歳でこの世を去るまで、木内石亭はただひたすらに石を探求し続けたのです。
訪れた国は30カ国以上

それだけでなく各地にいる同類の奇石コレクターに頭を下げては奇石を集めまくり、
コレクション数は2000種類以上にもなったといいます。

やがてトップクラスの奇石コレクターとなった石亭は「石の長者」と呼ばれるまでになり、
その名は全国に知られるようになりました。

鉱物学や考古学といった学問がまだなかった時代にあって、
石を分類してその形状や産地などを解説した『雲根志(うんこんし)』などの著書を多く残した石亭は、
鉱物学や考古学のパイオニア的存在といえるでしょう。

いつの時代にも男が求めるものは似ていますね。

地震を見張る龍


125370686509116413486_100650555.jpg

このなんとも不思議な形をした物体は壺や瓶ではなく、
「 地動儀 」 という昔の『 地震警報機 』なのだ。

西暦132年に中国の科学者、張衡が発明した物。

これは地震を測定する現代の地震計の祖先ともいえる。

地震の衝撃が加わると、この約2.4mの高さの容器の中に収めた
振り子が、大地の振動の方向に揺れ、8本ある水平にのびたアームの内
の1本を傾かせる仕掛けがしてあり、それにより外側の8体いる
龍の内1体が口を開ける。
そうすると龍が加えていた球が落ちて、下に置かれたカエルの口に玉が
入るといった仕掛けだ。

龍とカエルは方位磁石のように等間隔に配置されているので
どの玉が落ちたかによって地震の方角が解る。

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

愛の妙薬



人間は昔から男も女も愛の媚薬を求めてきた。

古代ローマの女達が調合した媚薬はあまりに強力なため
危険で非合法な物ととして禁止されたほどだった。


マンドラゴラ

220px-M_officinarun_flower.jpg


マンドラゴラ(地中海原沿岸産のナス科の有毒植物)は
聖書では受胎促進の効果があるとされている。
別名を恋なすびともよばれる。



ハチミツ

mel_rm01.jpg


紀元前400年頃のビザンチウムでは「医学の父」ヒポクラテスの教えに従い、
ロバの乳とハチミツで作った菓子を盛んに食べた。

新婚旅行を意味する「ハネムーン」(honey moon)の語源は新婚後1ヶ月間、
花婿にハチミツ酒を飲ませ精力をつけさせるという古代ゲルマン人の
習慣からきているという説がある。

人によってはハチミツをいまでも催淫剤として珍重しているが科学的根拠はない。




シクラメンの種子とシダの胞子

42_convert_20110523211959.jpg


16世紀のイギリスではこれらをケーキに入れて焼くと
「効き目の高い惚れ薬」ができると考えられた。
ただしその為には、種子を正確に夏至前夜に採取するでだけでなく、
厳格な決まりを守らなければならなかった。




トマト

main.jpg


「愛のリンゴ」と呼ばれ何百年もの間強精食品とみなされていた。
この愛のリンゴはイギリスで過度の情欲をそそる物とされた。
清教徒はトマトに毒があるという噂をまき、その結果
200年ほどの間トマトはかえりみられなかった。
ようやく常用食品リストにのったのは1830年頃である。




サイの角

20101102m.jpg


愛の妙薬として古来最も強い信仰を集めてきたのが
サイの角の粉末で、アジアの一部では今なお根強い信仰が残っている。
大きな需要の為にインドサイはほとんど絶滅の危機に瀕し、
インド当局は直軸の禁猟区を設けなければならないほどだった。





テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

大胆不敵な初老の男

kopenick


ベルリンの通りで、一人のプロシア軍将校が1小隊のところへ
つかつかと歩みよるなり、尊大な口調で次々に命令を発し始めた。
将校の命令とあって、下士官も疑問は差し挟まず、言われるままに命令を聞きき、
彼は、郊外のケーペニック市行きのバスを止め、兵士達を中に押し込んだ。

続いて将校は、ケーペニック市役所へ兵士達を引き連れ、
市長室に乗り込み、声を高らかに宣言した。
「お前を逮捕する!」
将校の威圧的な態度に気をのまれた市長はやっとの思いで訪ねた。
「逮捕状はお持ちでしょうか」
それを聞いた将校は
「逮捕状は、ここに控える兵士達である!」

将校はそれから、市役所の会計係に命じて金庫にあった現金すべて
4000マルクを引き渡すように命じ、「公式」の領収書を発行した。

市長とその妻(市長代理)が市役所の外に出され、
兵の監視下に置かれる。将校は兵士達に30分だけ
持ち場を守るようにいいつけ、金を持って立ち去った。



この将校、実はヴィルヘルム・フォークトという
前科者の靴直し職人だった。

フォークトはプロシア将校の口調と物腰を軍靴修繕の
徒弟をしていた時に覚え、軍服を用意し、
制服の権威に弱い人の心理をたくみに利用したのだった。

それから10日後警察がフォークトの屋根裏部屋に踏み込まれ、
逮捕。4年間の入獄が決まった。

しかし、彼の大胆な手口は大衆の間で広く人気と共感を博し、
当時のドイツ皇帝ウィルヘルム二世が気に入り、彼を赦免した。

その後彼は出所後、自分の事件を本にして出版し、自ら舞台で演じたり、
将校姿の自分の絵をサインつきで売った。
また、ベルリンに住むある大金持ちの未亡人が彼の大胆さに
感心して終身年金を提供したという。

images.jpeg





テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

nob

Author:nob
世界中の好奇心をかき立てるお話。

奇人変人、詐欺師に贋作者。人間話

嘘か真か、怪獣、歴史の謎。奇妙話

奇習と迷信、常識のうそ。 雑学話

奇天烈発明大冒険。勇気と知恵の話

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめBOOK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。